地震に強い家・弱い家

地震による被害状況を調べると、家の壊れ方には共通点があるそうです。

2階だけが崩れ落ちることは稀で、1階が潰れて壊れるのが一般的です。

この時に、柱が抜ける場合と、倒れる場合の壊れ方があります。 

 

 

在来工法の場合、家は柱がなければ建てることはできません。しかし、柱だけでは横からの力がかかればすぐに倒れてしまいます。

倒れないようにするために、柱と柱の間に「筋交い(すじかい)」という斜めの材を当てて固定します。

または、面材を張って柱が横からの力に耐えるようにします。このような壁を「耐力壁」と呼びます。

 

この時の筋交いの太さや面材の種類・止め方等によって耐力壁の強さが変わります。

そして、建物全体で必要とされる耐力壁の量があれば強度が確保されていると考えられるのです。

 

しかし耐力壁の量が確保されていたとしても、配置に偏りがあると、ねじれて壊れることが考えられます。

地震の揺れに強い家にするためには、全体の耐力壁のバランスが必要なのです。

 

こうした基本的な強度とバランスの基準は国が定めています。どの建設会社が建てる住宅であっても、その基準を満たし正しく施工すれば家の強度は確保されるのです。

 

大きな地震が起きると、地震に強いことをアピールする住宅メーカーの広告が増えます。

 

しかし、その会社だけが特に強い家を建てることができるということではない ということです。

↓住まいづくりのご相談はこちらから