家づくり図書館(161-200号)

家づくりに役立つ情報誌(「おうちのはなし」一般社団法人 住まい文化研究会 発行)を無料でプレゼントいたします。

資料はPDFにして、メールで発送させていただきます。(発送の都合上、お1人様 1回 3号までとさせていただきます)

 

※資料をご希望の方は、こちらにアクセスしていただき、必要事項をご記入の上お申し込みください。

「おうちのはなし」請求フォーム

おうちのはなし 161住まいづくりの経費

161 住まいづくりの経費

工事費だけが費用ではない!

・工事費以外の費用

・建てるためにかかる費用

・建てた後にかかる費用

>お金のこと

また消費税が上がろうとしています。日本では初めての、飲食品と新聞に軽減税率が適用される準備も始まっています。消費税率も8%から10%のわずか2%で、これまでに比べれば抵抗は少ないといえます。でも、住宅は総額金額が大きいので、わずか2%でも数十万円にもなり大きな負担となります。そうです、住まいづくりにかかる費用は、工事費だけではありません。しかも消費税がかかる費用があったり、掛からない費用があったり。住まいづくりにかかる経費のことをまとめました。



おうちのはなし 162入居までのカウントダウン

162 入居までのカウントダウン

逆さまに見る、家づくりのスケジュール

・入居の日を迎えるために

・逆算の家づくり工程表

・着工までの時間

>家づくり

消費増税が2019年10月1日に迫っています。家は高価な買い物だけに、消費税の負担は大きくなります。まだまだ時間があると思って油断をしたら、あっという間に時間は過ぎます。さらにマイナス金利政策の効果も、どこまで続くかわりません。しかも金利が確定するのは、申し込み時点ではなく実行時です。ご入居までのカウントダウンをイメージしてみましょう。



おうちのはなし 163才能を育む家

163 才能を育む家

子どもの心に刻まれる家の記憶

・親と子どもの関係

・目一代、耳二代、舌三代

・残されてゆく家

>家づくり

家を建てる動機に、子どものことをあげる人は多くいます。それがたとえ新築ではなくても、またさらに子どもではなく、たとえば孫達であったとしても、純真無垢な子ども達の心には、さまざまな風景として刻まれて行くことでしょう。そんな子どもや孫の心に刻まれる家とはどんな家でしょうか。



おうちのはなし 164使いやすい家の条件

164 使いやすい家の条件

間取りのチェックポイント

・ご要望をお聞かせください

・使いやすさの条件

・意外な生活習慣

>デザイン

住まいづくりを進める時に、いちばん楽しみなのは我が家の間取りをあれこれ考えている時ではないでしょうか。家族の将来のことはもちろん、本当に使いやすい家を求めて悩むこともあるでしょう。注文住宅の醍醐味は、自分に合わせた住まいを自由に考えられることです。でも、失敗しないために、考えておかなければならない間取りのポイントもあります。どんな家がいいのか、要望をまとめるために知っておきたいチェックポイントです。



おうちのはなし 145木造住宅の効用

145 木造住宅の効用

木の家に住むということ

・生物由来の材料

・木の空間の効用

・木造で元気になる

>木造住宅の効用

日本の家は、木造住宅でできています。もちろん世界の民家を見渡しても、木造でできた家が残されていますが、日本の家は別格ではないでしょうか。そんな木の家に住む魅力について、まとめてみました。



おうちのはなし 146水周り考

146 水周り考

利便性を決める場所

・最も進化してきた場所

・トイレ&洗面&浴室

・キッチン

>デザイン

どの家にも、トイレとか洗面、浴室などの水周りは必ずあります。生活する上でとても単純な機能を持つものですが、じつは不満も多い場所です。リフォームや新築を考える上でも、水周りは、ただあれば良いことではなく、しっかりと考えておきたいものです。



おうちのはなし 147日本の家と和室

147 日本の家と和室

自由空間のあるゆとり

・和住宅への高い評価

・書院と数寄屋

・畳と障子のデザイン

>デザイン

日本の文化は、これまでも注目を浴びる時期がたびたびありました。北斎の浮世絵が、ヨーロッパの印象派にジャポニズムの影響を与えたことは有名です。もちろん、美術だけではなく、日本の食やファッションも、今やいたるところで見かけられるようになりました。歴史の中では、決して住まい文化も例外ではありません。



おうちのはなし 148古民家の再生と魅力

148 古民家の再生と魅力

古民家は街の宝となる

・既存住宅流通の時代

・古民家再生の魅力

・古民家再生の技術

>リフォーム

ちょっとお洒落なレストランで、古材を使ったインテリアをよく見かけるようになりました。また、実際の古民家を改装した事例も各所にあります。年数を経て積み重ねられた風合いは、新築では決してできないものです。古民家も生き返る、リノベーションの魅力と条件を考えてみましょう。



おうちのはなし 149自由設計と企画住宅

149 自由設計と企画j住宅

あなたはどちらを選びますか?

・自分に合わせた家

・よく考えられた家

・長く住み継ぐ家

>住まいづくり

せっかくの新しい家を考えるのであれば、できれば自分の思い通りに設計して建てたい。どんな家にしようかと夢を描くのは、本当にワクワクすることです。一方、「家は3度建ててみないとわからない」といわれるほど、経験を必要とするものでもあります。その意味では、プロが企画して評価が定まった家にも多くの利点があります。紙の上で、この2つの建て方の利点をディベートして再現してみました。



おうちのはなし150│ゆっくり家をつくろう

150 ゆっくり家をつくろう

ほんとうの住まいづくりのコツ

・どんな家をつくりましょうか

・どんなマドリにしますか?

・自分だけのものをつくる楽しみ

>住まいづくり

「家は3度建てなければわからない」という住まいづくりを、どうすれば上手く成功させることができるのでしょうか。簡単そうに見えて、簡単ではありません。図面に描いて熟慮したことが、その通りになるとは限りません。その究極のコツをひとつ。ゆっくり家をつくることに勝るコツはありません。



おうちのはなし151 おいしい家

151 おいしい家

人生の3分の2は家で過ごす

・口から摂るもの

・どんな家を食べていますか

・良い空気をつくる壁

>技術情報

私たちは生きてゆく上で、さまざまな栄養を補給しなければなりません。それは人間だけではなく、ペットなどの動物も同じです。さらに、インテリアにして飾っている観葉植物も、水を上げなければ枯れてしまいます。



おうちのはなし 152近隣で建築現場をみかけたら

152 近隣で建築現場をみかけたら

良い建築会社を見抜く方法

・近隣に建築現場はありますか?

・建築現場でわかること

・信頼できる企業

>技術情報

住まいづくりで、もっとも悩むことは費用や資金のことと、誰に頼むかということではないでしょうか。家を建てたりリフォームをしたりするのは、専門の建築会社でなければできないことです。建築会社の本当の実力を見抜くには、じつは建築現場を見ることが一番のお勧めです。では、どのようなポイントを確認したら良いのか、建築現場のチェックポイントをご紹介します。



おうちのはなし 153家づくり物語

153 家づくり物語

共感する話はありますか

・家を建てるということ

・誰のために建てるのか

・何のために建てるのか

>住まいづくり

自分の居住環境を変えるのには、少なからずの勇気が要ります。それは借りている家でも感じることですから、家を新しくするとなるとなおさらです。自動車や家電を買い換えるのとは違い家は、自分の身を動かして引っ越しをしなければなりません。そこには並々ならぬ決意があるはずです。そのような家づくりの物語で、あなたが共感する話はありますでしょうか。



おうちのはなし 154大きな生活

154 大きな生活

庭を5番目の部屋にする

・出居と縁側

・4つの庭+1

・過ごす庭の魅力

>デザイン

「家庭を築く」というと、家を建てること以上に大きなことと感じます。器としての家だけではなく、たとえば家族の間の絆とか暮らしぶりも、この言葉の中には含まれています。家と庭を組み合わせてできる「家庭」と呼ぶ日本語には、深い意味がありそうです。庭があってこその家。それは戸建て住宅ならではの生活の広がりがあるのです。



おうちのはなし155 良い土地選びのポイント

155 良い土地選びのポイント

土地を見つける常識と裏技

・土地の5つの環境

・土地にある生活のイメージ

・北側道路の土地のメリット

住まいづくり

新築注文住宅でも、ほぼ半数は家と同時に土地を求めている施主です。さらに建売住宅まで含めると3分の2に及びます。家が建っていれば土地の使い方を気にする必要もありませんが、注文住宅では更地を見て、土地の良し悪しを判断しなければなりません。家を建てるための良い土地を選ぶコツとはどのようなものでしょうか。



おうちのはなし 156日本の木を使おう

156 日本の木を使おう

知ればわかる木の家づくり

・奇跡の大自然

・木の国ニッポン

・ヒノキ、スギ、マツ

>住まいづくり

毎年のように、日本を訪れる外国人の数が増えています。始めてくる国から、気に入って何度も来る国に変わりつつあり、訪れる町も変わってきているようです。伝統の京都や厳島、東京や大阪のサブカルチャーを始めとして、普段住んでい見過ごしている私たち以上に、もってと深い見どころを知っています。



おうちのはなし 157耐震住宅のつくり方

157 耐震住宅のつくり方

地震から家族を守る耐震等級とは

・地震はまた来る

・どんな家が強いのか

・地震に自信

>技術情報

地震、雷、火事、オヤジと、昔から怖いものの順序が語られてきました。オヤジとは台風という説もありますが、その筆頭は地震です。他のどの災害よりも、いつ起きるかわからないのが怖さを引き立てます。しかも一瞬にして家族を失う心配まであります。住まいの地震対策は、どのように準備しておけば良いのでしょうか?



おうちのはなし138│掃除のルール

158 掃除のルール

健やかに暮らし続けるために…

・掃除のプロに聞くポイント

・汚れのルール

・プロの使っている道具

>住まいづくり

どのような物でも、新しい時にはきれいであったものが、いずれ汚れや劣化で見た目も変わります。手入れが欠かせないことはもちろんですが、掃除することは手入れのもっとも基本的なことです。掃除のプロに聞いた掃除のルールとはどんなものでしょうか。



おうちのはなし159 地盤の過去と未来

159 地盤の過去と未来

家づくりの基礎の話

・地耐力調査

・歴史から学ぶ地盤対策

・未来につながる地盤対策

>技術情報

たとえどんなに技術が進んでも、天空に家を建てることはできません。家を支えるための地盤があってこそ、家は建てられます。そして地盤はいつも不動であると感じ、無意識にその上に暮らしています。でも、地盤のことは詳しく知ろうとするを、ちょっと難しい。そんな地盤のはなしを、過去と未来に目をつけてお届けいたします。



おうちのはなし 160幸せになる家

160 幸せになる家

住み継がれる家の条件

・性能と機能とデザイン

・大草原の小さな家

・サスティナブル・デザイン

>デザイン

家に帰れば幸せな家庭がある。それが当然のことと考えている人も多いと思います。安心感や過ごしやすい快適な環境など、家づくりにもこだわりを求めます。これまでにも人はさまざまな家を建ててきました。住む人が幸せになる理想の家とは、どんな家なのでしょうか。