家づくり図書館(161-200号)

家づくりに役立つ情報誌(「おうちのはなし」一般社団法人 住まい文化研究会 発行)を無料でプレゼントいたします。

資料はPDFにして、メールで発送させていただきます。(発送の都合上、お1人様 1回 3号までとさせていただきます)

 

※資料をご希望の方は、こちらにアクセスしていただき、必要事項をご記入の上お申し込みください。

「おうちのはなし」請求フォーム

おうちのはなし 161住まいづくりの経費

161 住まいづくりの経費

工事費だけが費用ではない!

・工事費以外の費用

・建てるためにかかる費用

・建てた後にかかる費用

>お金のこと

また消費税が上がろうとしています。日本では初めての、飲食品と新聞に軽減税率が適用される準備も始まっています。消費税率も8%から10%のわずか2%で、これまでに比べれば抵抗は少ないといえます。でも、住宅は総額金額が大きいので、わずか2%でも数十万円にもなり大きな負担となります。そうです、住まいづくりにかかる費用は、工事費だけではありません。しかも消費税がかかる費用があったり、掛からない費用があったり。住まいづくりにかかる経費のことをまとめました。



おうちのはなし 162入居までのカウントダウン

162 入居までのカウントダウン

逆さまに見る、家づくりのスケジュール

・入居の日を迎えるために

・逆算の家づくり工程表

・着工までの時間

>家づくり

消費増税が2019年10月1日に迫っています。家は高価な買い物だけに、消費税の負担は大きくなります。まだまだ時間があると思って油断をしたら、あっという間に時間は過ぎます。さらにマイナス金利政策の効果も、どこまで続くかわりません。しかも金利が確定するのは、申し込み時点ではなく実行時です。ご入居までのカウントダウンをイメージしてみましょう。



おうちのはなし 163才能を育む家

163 才能を育む家

子どもの心に刻まれる家の記憶

・親と子どもの関係

・目一代、耳二代、舌三代

・残されてゆく家

>家づくり

家を建てる動機に、子どものことをあげる人は多くいます。それがたとえ新築ではなくても、またさらに子どもではなく、たとえば孫達であったとしても、純真無垢な子ども達の心には、さまざまな風景として刻まれて行くことでしょう。そんな子どもや孫の心に刻まれる家とはどんな家でしょうか。



おうちのはなし 164使いやすい家の条件

164 使いやすい家の条件

間取りのチェックポイント

・ご要望をお聞かせください

・使いやすさの条件

・意外な生活習慣

>デザイン

住まいづくりを進める時に、いちばん楽しみなのは我が家の間取りをあれこれ考えている時ではないでしょうか。家族の将来のことはもちろん、本当に使いやすい家を求めて悩むこともあるでしょう。注文住宅の醍醐味は、自分に合わせた住まいを自由に考えられることです。でも、失敗しないために、考えておかなければならない間取りのポイントもあります。どんな家がいいのか、要望をまとめるために知っておきたいチェックポイントです。



おうちのはなし 165湿度という家の敵

165 湿度という家の敵

呼吸する環境づくり

・湿度という敵

・湿度が招く結露

・過乾燥という敵

>技術情報

夏涼しくて冬暖かい家は、だれでもが望む住まいの理想です。人が涼しさや暖かさを求めるのにまずは温度を考えますが、じつは湿度が大きな敵です。温度よりもわかりにくい湿度が、どのように住まいの快適さに関わっているのか考えてみましょう。



おうちのはなし 166良い眠りのための家

166 良い眠りのための家

体内時計と睡眠と健康の環境

・睡眠と健康

・良い眠りは目覚めから

・寝室のデザイン

>家づくり

2018年のノーベル医学・生理学賞に、京都大学特別教授の本庶先生が日本で26番目の受賞者となりました。じつは数々のノーベル賞も、家づくりに無縁ではありません。前年に受賞した同賞は、私たちの健康を維持する睡眠にかかわることです。この中に、心地よく眠れる家づくりのヒントが見えてきます。



おうちのはなし167 新省エネ基準の見極め方

167 新省エネ基準の見極め方

家のエネルギー問題 解決!

・家のエネルギー問題

・一次エネルギー消費量

・基準に適合するためには

>技術情報

地球温暖化と石油資源の枯渇を含め、エネルギー問題は全世界が抱える切実な問題です。一般家庭におけるエネルギー使用においては住宅がメインであり、エネルギー問題の例外ではありません。これまでには大・中規模の建築物は省エネが義務化されてきましたが、2020年を目途に住宅にも義務化が迫っています。