家づくり図書館(21-40号)

家づくりに役立つ情報誌(「おうちのはなし」一般社団法人 住まい文化研究会 発行)を無料でプレゼントいたします。

資料はPDFにして、メールで発送させていただきます。(発送の都合上、お1人様 1回 3号までとさせていただきます)

 

※資料をご希望の方は、こちらにアクセスしていただき、必要事項をご記入の上お申し込みください。

「おうちのはなし」請求フォーム

おうちのはなし 040プランニングに挑戦!

040 プランニングに挑戦!

自分でつくるキニナルマドリ

>デザイン

・ゾーニングから考えるプランニング

・スペースから考えるプランニング

・プランニングのポイント

住まいづくりでなによりもの楽しみは、家族の将来を夢見て計画を進めている時です。その中でもプランニングではいろいろと思いがめぐります。使い勝手やデザインなど希望も多くあります。せっかく建てる家ですから、自分の思う通りに間取りにはこだわりたいものです。できることなら、自分でもプランニングに挑戦してみませんか。



おうちのはなし 039住まいと保険

039 住まいと保険

安心して暮らすために

>お金のこと

・保険と、保障と補償と保証

・住まいに対する保証と保険

・ローンに対する保険

しっかりとした住まいを手に入れれば、それでひと安心と思いたいところですが、まだまだ不安なことはたくさんあります。故障や事故など、もしものことを考えると、保証や保険など万策を尽くしておかなければなりません。安心して暮らすために住まいと保険について特集しました。



おうちのはなし 038庭があってこその家

038 庭があってこその家

家に庭ができて初めて家庭になる

>デザイン

・庭があって家が完成する

・日本の庭づくり

・4つの庭、5番目の庭

マンションやアパート暮らしでは味わうことができない、一戸建て住宅の楽しみのひとつに庭づくりがあります。自分の土地の上に建てるからこそ、建物の周辺にある余地を活かして、家の中ではできない暮らし方を広げることができるのです。家族が睦まじく暮らす「家庭」という言葉も、家と庭の組み合わせでできています。家づくりと同じように、庭づくりも真剣に考えておきたいものです。



おうちのはなし 037資産価値のある家

037 資産価値のある家

住宅は財産になるのか?

>住まいづくり

・20年で家の価値はゼロ?

・自分も国も豊かになること

・耐久財としての住宅

住宅は耐久財なのか、それとも消費財なのか。人生で一番高い買い物である住宅が、耐久財か消費財かで大きな差があります。財産と言われると耐久財と思えてきますが、消費税がかかることを考えれば消費財としか思えません。なぜ消費財としての考えが普及してしまったのでしょうか。本来の資産価値のある住宅の姿を考え直しておきたいと思います。



おうちのはなし 036心地よく眠れる家

036 心地よく眠れる家

眠りの家学

>デザイン

・睡眠は健康の源

・人間の体内時計は25時間

・メラトニンを出す家

1日8時間の睡眠を取れば、3分の1は寝て過ごしていることになります。必然的に人生の3分の1が眠っている時間になります。そして、その睡眠の時間の多くは、我が家にいます。もしかしたら住まいの目的の一番大きなポイントは、睡眠なのかもしれません。心地よく眠れる家というのはとても大切な住まいづくりのテーマになります。



おうちのはなし 035安全が守られる家

035 安全が守られる家

本当は恐い家庭内の事故

>技術情報

・住まいと安全

・家庭内事故の現状

・住まいの安全を守る企業

平成22年の人口動態統計によるデータでは、年間に交通事故で死亡する人の2倍の人が家庭内事故で亡くなっています。安全性についてはいちばん信頼しているはずの家の中が、実は安全ではないということです。家族が長い期間を過ごす住まいの安全を守るために、考えておかなければならないことは、どのようなことでしょうか。



おうちのはなし 034リフォームと新築

034 リフォームと新築

住宅との永いつきあい

>リフォーム

・リフォームと新築の違い

・かかりつけの住宅医

・プラス10㎡の増改築

リフォームと新築。同じ住宅でも、それぞれ業界が違うほど別のものとして扱われています。しかし、住まい手や工事を扱う職人さんには、どちらも目の前にある「おうちのはなし」で、あまり差のないことです。リフォームを常に考えておくことは、住宅との永いつきあいの中では大切なことです。



おうちのはなし 033香りと住まい

033 香りと住まい

安らぎの瞬間

>デザイン

・匂いの不思議

・匂いと思い出

・香りが未来を創る

普段の生活の中でも、消臭剤とか芳香剤などが良く使われています。匂いは一度気になると鼻につくものです。一方、芳香植物の匂いを使って、ストレスを解消したり心身をリラックスさせるアロマテラピーも流行っています。お香やフレグランスの種類も豊富に揃えられ、生活の中に安らぎの瞬間を演出することができます。香りのテクニックを住まいづくりに活かすことはできるのでしょうか。



おうちのはなし 032アベノミクスで住宅はどうなるの?

032 アベノミクスで住宅はどうなるの?

消費増税カウントダウン

>お金のこと

・避けては通れない消費税アップ

・消費税と住宅ローン減税

・いつが本当の建て時か?

アベノミクスが動きはじめています。日本のデフレ経済を脱却するために繰り出した金融政策や税制は、どのような経済社会を生み出そうとしているのでしょうか。人生で最も高い買い物である住宅では、大きな損得の差が生まれます。アベノミクスとカウントダウンに入った消費増税が私たちの住宅取得に与える影響を、検証してみました。



おうちのはなし 031土地のかしこい選び方

031 土地のかしこい選び方

ここが、私の住むまち

>住まいづくり

・土地選びのポイント

・住宅に適した土地

・北側道路の土地はダメですか?

新築住宅を求めている方の多くが、土地と一緒に求めるケースが多くなっています。住宅だけでも間取りから仕様や設備、法律、資金、ライフスタイルと多岐にわたる検討が必要ですが、それに加えて土地の良し悪しの判断も必要です。また、ひとつひとつの土地は全く個性も違い、基本的には変えることもできません。家を建てるための土地を選ぶコツはどのようなものでしょうか。



おうちのはなし 030住まいの収納

030 住まいの収納術

収納は足りていますか?

>デザイン

・物にあふれた暮らし

・分散収納と集中収納

・収納のテクニック

新しい家を考える時に、最も聞かれる要望は、収納の量ではないでしょうか。新築でもリフォームでも、現在の住まいの反省点解決するには、収納をしっかり作ることだと考える人が多いようです。確かに暮らし始めた時には、整理がついていた空間も、住み続けてゆくうちに乱雑になってゆきます。では、収納は多くあればあるほど良いのでしょうか。そして、どのような収納術があれば良いのでしょうか。



おうちのはなし 029住まいの地震対策

029 住まいの地震対策

基本からわかる住宅の強度

>技術情報

・避けることができない地震

・耐震、免震、制震

・地震は複合災害

平成の短い時代の中でも、阪神淡路大震災に続き東日本大震災と、大きな震災を経験してきました。さらに南海トラフ地震では、より大きな震災になることが想定されています。住宅メーカーの免震住宅の広告などを見かけます。家族の安全のための住宅の地震対策とは、どのようなものなのでしょうか。



おうちのはなし 028ペットと暮らす家

028 ペットと暮らす家

>デザイン

・心を癒すペット

・ペットが幸せを感じる時

・犬と暮らす、猫と暮らす

一戸建て住宅に住む楽しみのひとつに、ペットが飼えることがあります。子どもの情操教育や、高齢者の心を癒すのにも、ペットを飼うことは効果があると言われています。犬や猫と一緒に暮らす機会も増えてきている昨今、ペットと暮らす家には、どんな配慮が必要なのでしょうか。



おうちのはなし 027日本の木で家をつくる

027 日本の木で家をつくる

>住まいづくり

・奇跡の大自然に恵まれた国

・木の国ニッポン

・ヒノキ、スギ、マツ

地球上の陸地の、わずか400分の1しかない狭い国土の約70%が森林に覆われ、少ない平地に人が押し込められている国、日本。世界に200カ国強しかないことを考えれば、広さは平均以下です。この母国の限られた国土が、実は地球上の奇跡としか思えないほどの自然の宝庫なのです。広大な森がある熱帯雨林の地域を除けば、森林率が70%前後の国は、欧米諸国などと日本で数カ国しかありません。



おうちのはなし 025住まいづくりを支える人たち

025 住まいづくりを支える人たち

日本の職人の技と心

>住まいづくり

・職人が支える住まいづくり

・職人の技が生かせない家

・職人の心意気を知るエピソード

家を新築するのにも、リフォームするのにも、実際に手を動かす施工者、つまり職人がいなければ工事はできません。さまざまな職が増えた今でこそ割合は減りましたが、農林水産業と共に、国を支える基幹の職です。工事が進み始めるまでは、なかなか出会うことも少ない職人さん達との出会いを楽しむのも住まいづくりの醍醐味のひとつです。



おうちのはなし 024愛着がわいてくる家

024 愛着がわいてくる家

オーダーメイドの楽しみ

>リフォーム

・愛着のわくオーダーメイド

・つくる、かえる、なおす

・子ども達にも継ぐ思い

本当の住まいづくりには、完成形はありません。もちろん、新しく建てる時にはいろいろと要望を込めてつくっても、住んでいるうちに自分の暮らしに合わせて、オーダーしたいことも出てきます。大量生産の物品とはとは違い、家は1棟1棟建てるだけに、オーダーメイドも普通のことです。きっと愛着のわいてくる家になるのでしょう。でも、ちょっと高くつきそうなのが心配。そこで、比較的手軽なオーダーメイドの事例を集めてみました。リフォームはもちろん、新築でも使える、愛着のわいてくる家にするテクニックです。



おうちのはなし 023建てた方が得か、借りるのが得か?

023 建てた方が得か、借りるのが得か?

あなたはどちらを選びますか

>住まいづくり

・持ち家比率と持ち家志向

・家は借りた方が損をする?

・建てて損をする条件

持ち家に住むのが得か、それとも借りて住んだ方がよいのか。経済誌などでも時々取り上げられるこのテーマは、人生の中で必ずと言って良いほど迷う問題です。明確な結論が出れば簡単なのですが、多くは微妙な判断の話となります。単純に金銭的に考えれば、必ず持つ方が得になるはず。貸し手の都合と、建てて損をする場合を考えてみることで、問題を明らかにしてゆきたいと思いおます。



おうちのはなし 022新しいリビング

022 新しいリビング

家族のカタチが見える場所

>デザイン

・センターリビング

・安心快適な、2Fリビング

・カフェリビング

家の中心といえば、リビングと答える人も多いことと思います。マドリの印象も、リビングの作り方で大きく変わります。それは、新築ではもちろんのことリフォームを考えても同じこと。リビングは生活スタイルや家族のあり方を表していると言っても過言ではありません。そして時代の変遷によって家族のあり方が変われば、新しいリビングも求められるようになります。新しいリビングのトレンドを探ってみました。



おうちのはなし 021安心できる住まいづくりは地盤から

021 安心できる住まいづくりは地盤から

地盤調査と、その対策法

>技術情報

・どんな地盤があぶないか

・スウェーデン式サウンディング調査

・軟弱地盤への4つの対処法

東日本大震災などの災害があると、住宅の強度について気にしないわけにはいきません。また、台風などの強風でも強度は求めれれます。多くは住宅の建物としての強度の計算ですが、本来はそれを支える地盤の強度を抜いては考えられないものです。地盤については、地震時の液状化も問題になりました。地盤は簡単に交換するわけにはいきません。地盤についての調査や対処法をまとめてみました。